英FCA、B2S Forex社を警告、未認可業者回避の10項目を提示

b2s 13日、英国規制当局の金融行為規制機構(FCA)は、B2SForex社に対して公的警告を発行した。B2SForex社は、イングランドのレスターシャー州に拠点を置く未認可の小さなFXブローカーである。

 FCA曰く、同社は適切な規制認可を取得していないにも関わらず、FCAの認可を受けていると同社ウェブサイトや広告で謳っていたという。

 FCAの警告内容には「我々FCAは、B2SForex社が認可無しでUKで金融サービスや商品を提供していたと確信しています。」とある。

 FCAは全てのUK金融市場参加者に、この未認可業者に細心の注意を払う理由と詐欺から自分自身を守る方法を認識させる為に呼びかけ、投資家やトレーダーを詐欺業者や悪徳業者から回避する10項目をウェブサイト上に提示している。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.