FXPRIMUS社、9月取引高前年比130%成長、400.2億ドルを記録

by Forex Magnates at 10 October, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

fxprim モーリシャスのFXPRIMUS社は9月の取引高を発表、前年同月比で130%の成長であった。

 FXPRIMUS社はモーリシャスでより確立されているブローカーの一社で、FX、コモディティ、グローバルエクイティ取引を扱っている。2014年9月の取引高は前年比130%増加し、400.2億ドルを記録した。業界全体では向かい風が吹いた第3四半期取引高については、前年比で25%増加した。

 FXPRIMUS社社長のTerry Thompson氏は声明の中でこう述べた:

「9月取引高の大幅な増加を非常に嬉しく思います。2014年は、顧客預かり資産、新規入金口座、アクティブトレーダー数等において新たなベンチマークを堅実に築きましたボラティリティーがマーケットに戻り、当社のお客様は取引資金を入金をし、新規の方も活発になりました。

第3四半期の月間平均入金額は約1,000万ドルで、月間平均新規入金口座数は13,000口座を記録しました。当社は昔から東南アジアに焦点を合わせてきており、複数の国々で非常に順調な進歩を遂げています。

当社は、多くのIBやマネーマネージャー達と新たな重要なリレーションシップを確保してきました。常にIBやマネーマネージャーを大事にしています。彼らは当社が誕生してから5年もの間ずっと私達と共に歩んできました。残念ながら業界の一部で存在している、ゲームで遊ぶかのようにIBを苦しめるような事は一切なく、彼らとフェアに取り組む方法を知っています。

さらに、Leverate社のSirixソーシャル取引プラットフォームを活用する為等、数社のベンダーと契約をし、当社顧客に場所を問わない最高の取引経験を提供するために、当社のインフラを向上させる重要なディールに投資をしてきました。」

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.