ADS Securities社、英FCAライセンス保持ブローカー買収後、再ブランド化しロンドン支店設置

ADS アブダビのADS Securities社は UKの認可を受けたロンドン支店開設を発表した。このロンドン支店は、今年初めにADS Securities社によって買収されたFCAライセンス保持のPioneer Trader Limited社がADS Securities Londonとして再ブランド化されるものである。

 このADS Securitiesロンドン支店は、以前トムソン・ロイター社のFXトランザクションEMEAの責任者として従事していたJames Watson氏をロンドン支店のマネージングディレクターに任命した。彼は、今後拡大が期待される現在20人のチームを管理する事となる。

 ADS Securities社によると、このロンドン支店はUKと欧州の個人・法人顧客をターゲットとする地域拠点となる。他の支店と同様に、ロンドン支店の法人顧客は、取引やリクイディティ面でのニーズに応えるADS Securities社の独自プラットフォーム『OREX Optim』にアクセスする事が出来るようになる。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.