サクソに続き、ゲイン・キャピタル社フォレックス・ドットコム、EUR/CHF証拠金率引き上げ

by Forex Magnates at 17 September, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

forex.com logo 今月初め、サクソバンクがスイスフラン関連通貨ペアの証拠金を引き上げた発表に続き、ゲイン・キャピタル社のForex.comブランドで展開するForexTrader PROプラットフォームでのEUR/CHFの証拠金率も5%(20倍)に引き上げられる。リテール市場参加者の偏ったエクスポージャーに関連するリスクが高まり、今回さらなる大手ブローカーをスイスフランの対ユーロペッグに対するレバレッジポリシー変更へと動かした。

 EUR/CHFの通貨ペアは、スイス国立銀行によって設定されたフロア(下限)があり、1.2000の下限を下抜けないようセイフヘイブン通貨として維持する目的で定められた。このフロアは2011年の9月に導入され、フロアレベルに達した際のスイス国立銀行の介入を期待して通貨トレーダーはユーロの買いポジションを保有するようになった。

 サクソバンクによる証拠金率8%への大幅な変更以来、他の主要ブローカーのポジションデータにそれほど変化はない。このサクソバンクの動きは、対スイスフランのユーロ買いポジションの顧客のエクスポージャーを85.8%から72.2%へ大幅に減らした。

 一方、OANDA社顧客のEUR/CHF買ポジションにおけるエクスポージャーは、まだ高く合計87.3%である。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.