IGグループ、UKとアイルランドで株式仲介を開始、トレーダーの焦点は利便性

by Forex Magnates at 16 September, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

IG Group logo new 7月に発表された通り、IGグループは、UKとアイルランドで株式仲介のプラットフォームをローンチした。今回のローンチは、IGグループのアクティブトレーダーに主に焦点を当てた収益多様化の取り組みの一環であり、同グループはこの商品追加は既存の商品一覧の拡大は自然な流れであるとしている。株主に対し、7月に株式仲介部門の新規設立の意向が発表された際、IGグループは、UKのスプレッドベッティングとCFDトレーダーの59%がオンラインでの株式取引も行っているというデータを示した。UKとアイルランドには40,000人ものアクティブ顧客がおり、株式仲介の新設は24,000人の既存顧客が待ち焦がれていた。また、休眠口座のトレーダーもこの新たなイニシアチブに関心を持つかもしれない。

 今回のローンチで、IGの株式仲介プラットフォームは非UK上場株を含む4,500種の株式取引を提供する予定だ。CFDやFX取引と同様に、この株式取引プラットフォームは分析ルーツ、タブレット・モバイルアプリを提供する。

 IGグループのチーフエグゼクティブであるTim Howkins氏は今回の発表について「グローバル金融市場は以前より変化が速くなると共に、より複雑に絡み合っています。リテール投資家はさらに自信を持ち、特にモバイルアプリに対するテクノロジーへの要求が高くなってきました。株式をオンラインで購入できる従来の取引プラットフォームは、ベーシックかつ不透明なものが多い為、変化に対応できなくなってきています。当社の調査によると、トレーダーがオンライン金融取引を行う際に最重要視する事は利便性である事が分かりました。」と語った。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.