マネックスグループ、7月のグローバルFX取引高8%減少

by Forex Magnates at 5 August, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

monexlogo マネックスグループは、7月のグローバルFX取引高を発表した。取引高は前月比8%減少し290億ドル、6ヶ月連続の減少であった。日本円取引がさらに活気を失っているため、この結果は驚くべき数値ではない。

 日本市場で最も取引が活発な通貨ペアUSD/JPYの7月の取引レンジは180pipsであった。これが同社の取引高の大幅減少を導いたとも言える。同社のOTC FXビジネスは前月比18%減少し、日次平均取引金額は538億円(524.6百万ドル)であった。夏期に入ったという事もあり、9月前に大幅増加の可能性は薄い。高まる地政学的圧力は主に株式市場に拡大しており、FXは引き続き厳しい状況に置かれている。

Monex_July

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■関連記事
2014/08/01 マネックス、2015年3月期Q1決算発表:グローバルFX収益半減、収益も43%減
2014/07/23 マネックスグループ、2015年3月期Q1連結決算速報、四半期利益90%落ち込む
2014/07/04 マネックスグループ6月取引高、グループ全体4%減、日本15%減

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.