マネックスグループの5月取引高、328億ドルに減少

by Forex Magnates at 4 June, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

monexlogo マネックスグループは、5月の月次概況を発表、同月のグローバルFX取引金額は、4月の333億ドルから1.5%減少し328億ドルであった。

減少トレンド覆せず

 同グループのグローバルFX取引金額は今年1月以降減少し続けており、現在までで38.6%の減少率である。この減少傾向は業界全体が直面している問題で、マーケットの低ボラティリティがFX取引高に反映されている。同グループの5月取引金額は、昨年5月の752億ドルから56.4%も落ち込みを見せている。

 さらに、グローバルDRARTs(1営業日当たりの収益を伴う約定もしくは取引の件数)は、前月の301,205件から4%減少し289,075件であった。マネックス証券の稼働口座数は、前月から1,359口座増加し898,316口座であった。また、店頭FX稼働口座数は前月から244口座減少し62,295口座。

TradeStationについて

 マネックスグループの米国ビジネスでIBFXを含むTradeStation社の稼働口座数は84,538口座で前月から721口座増加した。DARTsは、150,491件で前月比9.6%減少であった。

 預かり資産は36億ドルで前月から2600万ドル増加。これはこの1年での最高値である。営業日数は前月と同じである。

■関連記事
2014/05/08 マネックスグループ、4月取引高17.7%減少し333億ドル
2014/04/23 デベロッパー集結、tradable社とマネックス証券がアプリ開発の『ハッカソン』を今月開催

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.