CitiFX社が数値開示:2014年第1四半期米国リテール顧客利益率更新版

by Forex Magnates at 19 May, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 4月末、フォレックス・マグネイトは2014年第1四半期の米国リテールFX利益率について取り上げた。早々に私達は記事を上げた為、CitiFX社は数値をまだ取りまとめていなく、同社データを含んでいなかった。CitiFX社のビジネスは大口口座と1%以下のアクティブトレーダー口座に焦点を当てている為、数値全体へのインパクトは最小限である。今回同社の数値が公開され、2014年第1四半期のフルレポートが完成した。同四半期中、CitiFX社の稼働口座は645口座、前四半期から2.1%増加した。利益率は縮小し、前四半期から4%減少の38%であった。

 CitiFX社の数値を追加した事で、ブローカーの平均利益率は、35.8%から35.4%に更新された。加重平均での利益率は37.6%である。総稼働顧客数は13口座増え94,882口座となった。全体を通して、顧客のパフォーマンスが向上しているが、米国リテール市場の規模が縮小している事がわかる。興味深い事に、CitiFX社の数値は顧客ベースが拡大しており、利益率が縮小している事から、米国市場全体の反対の傾向を示している。

Q1 US Retail Forex Profitability Report

Q1 US Retail Forex Profitability Report

■関連記事
2014/05/01 【2014Q1】注目記事:2014年Q1の米顧客利益率発表、稼働口座減るが利益率アップ
2014/01/28 【2013Q4】注目記事:Q4米リテールFXブローカーの顧客利益率発表、依然IB社がトップ、OANDA社順位落とす
2013/10/22 【2013Q3】独占記事:Q3米国リテールブローカーの顧客利益率発表、IB社がトップを維持
2013/07/22 【2013Q2】注目記事:2013年第2四半期米FXトレーダー収益性発表、 顧客の35%が利益
2013/04/22 【2013Q1】第1四半期(Q1) 米ブローカー収益性レポート 楽観のサインか?
2013/01/15 【2012Q4】2012年第4四半期FX トレーダーの収益性:米FX市場、ブローカー数及び口座数減少
2012/10/25 【2012Q3】Q3米国FX口座数減少:利益計上口座率はCitiFXがトップ
2012/07/25 【2012Q2】2012年第2四半期米ブローカー利益率低迷続く、OANDA社再びトップへ
2012/04/18 【2012Q1】2012年Q1の米FXブローカー利益率減少、TradeStation社が口座数最多、GFT社が利益率1位

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.