トムソン・ロイター社4月取引高18%減、FXall社は微増だが過去最高の日次平均

by Forex Magnates at 16 May, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

Thomson Reuters  トムソンロイター社は、4月の実績を公開した。トムソンロイターディーリング、マッチング、FXのロイタートレーディングで取引されたFXスポットの日次平均取引高は、900億ドルで、前月の1,100億ドルから18%(200億ドル)減少した。

 マッチングとディーリングプラットフォームでの取引減少にも関わらず、同社のFXallブランドのリレーションシップ取引プラットフォームはほぼ横ばい状態で、3月の1,321億ドルから僅か200百万ドル(0.0016%)増加し、1,323億ドルに達した。

 前年比だと、FXallの4月日次取引高は22%増加、同プラットフォームで過去最高の数値を記録した。

 2014年の1月から4月までのトムソン・ロイターとFXallの相違について下記のグラフで表した。

YTD TR vols 2014 Jan_Apr

■関連記事
2014/04/11 トムソン・ロイター社3月実績、FXallが新記録樹立、注目のCNH取引
2014/03/12 トムソンロイター社、2月取引高減少の一方、CNH取引は新記録樹立

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.