GMOクリック証券、4月取引高、今年最低値を記録

by Forex Magnates at 2 May, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

GMO_Click_logo 東京金融取引所が4月の取引高減少を発表したが、GMOクリック証券も4月は減少を示した。OTC FXの取引高は前月比10%減少の62.2兆円(6,070億ドル)であった。2014年1月は大きく取引高の回復を示したが、2月から再び減少傾向となり、4月は2014年の最低取引高を記録した。

 同社のくりっく365は、前月比23%減少の3,010億ドル(29億ドル)、口座数は伸び続けるものの、この取引高は最低値となった。明らかにFXのボラティリティの大幅な減少が同社のビジネスに多大な影響を与えたようだ。主要法人プレイヤー達は、主要中央銀行からのさらなる政策を待ち望んでおり、大きな取引決定を思うように下せない模様である。

■関連記事

2014/04/03 GMOクリック証券、3月取引高前月比5%減少、口座数は微増
2014/03/05 GMOクリック証券、ボラティリティ低下により2月の店頭FX取引高10.3%ダウン
2014/02/05 GMOクリック証券、1月の取引高発表:回復軌道に乗る

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.