独占記事:日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁じる方向へ

top_title 日本の金融当局は、通貨取引業界を世界的整備を強化している。オーストラリア金融サービスプロバイダーが日本居住者と取引を行う事を禁止する規制を計画している。

 フォレックス・マグネイトが得た情報によると、当局が日本居住のトレーダーを手放すようブローカーに強要しているそうだ。

 この動きは、世界で最も流動性のあるアセットクラスであるFX業界に多大な影響を与え、オーストラリアで営業している大手業者の一部に大混乱を招く事が予測される。規制案では、日本在住顧客と取引をしているオーストラリアのブローカーは責任を問われる事となる。これは米国と同じ規制内容である。

 この法令の確かな理由は不明だが、かなり多くの日本居住顧客がオーストラリアの業者と取引をしいる事は事実だ。日本金融庁は2010年と2011年にレバレッジ規制を施行し、今度はは海外業者との取引を規制し始めた。

 2014年第1四半期半ばに、日本当局は、日本在住顧客との取引を停止するようFXとCFDを提供する某ブローカーに通達を出した。このブローカーの弁護士は、同社がアクティブにも直接的にも顧客を勧誘しておらず、それらのトレーダーは自ら同社を選択したのだと回答した。すると、当局は、口座開設申込フォームの国名リストから日本を外す様要請した。これに続き、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、複数の業者に対し海外顧客との取引について連絡をした。

 この他にも、ASICとの最近のやりとりについて話す別のブローカーによると、ASICは、ブローカーによる海外顧客の不正勧誘について懸念しており、ブローカーのウェブサイトの各ページ下部に非オーストラリア居住者はASICの規制対象外である事をディスクレーマーとして掲載する様要求している。

 フォレックス・マグネイトは、オーストラリアブローカーが日本在住顧客との取引を禁止する新規制がこの数ヵ月で日本金融庁とオーストラリア証券投資委員会の両当局で導入されると予想している。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.