ロシア政府、FX規制案に対しさらなる修正が必要

by Forex Magnates at 28 April, 2014 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合
Russian Government Building

Russian Government Building

 4月23日に予定されていたロシアのFX規制案に関する第2回目投票は、政府が現在の提案内容について厳しい批判を受けていた為実現されなかった。ロシアのメディアが報じるところによると、リテールFX業界とその他のOTC市場ディーラーを規制する事を目的としたこの法的プロジェクトは、さらなる修正が必要であると戻された。

 経済省は規制を目的とした内容が欠落していると批判した。財務省は現状の形式をサポートすると繰り返し述べていたが、追加修正が必要とされた。ロシア中央銀行は既存の規制フレームワークに重複した内容がありそれらに修正が必要だという議論にも参加している。

 25日、ロシア中央銀行は、ロシア外務大臣Serguey Lavrov氏が、ウクライナ軍による抗議弾圧に警告をした事や、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ロシアのソブリン格付けをジャンク級直前の「BBB-」に引き下げた事によるロシア通貨のさらなる下落を防ぐ目的もあり、金利を7.5%に引き上げた。

■関連記事
2014/04/08 ロシアの新FX規制案、オフショア企業の受け入れに制限
2014/02/04 注目のロシア:モスクワ取引所、FXトレーダー数が急増
2013/10/29 ロシアFX業界ラウンドテーブル

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.