フォレックス・マグネイト2014年第1四半期調査報告書待望のリリース!

QIR1_2014_correct_logo_photo フォレックス・マグネイト2014年第1四半期調査報告書がリリースされた。第1四半期のFX業界での、興味深いニュースや、分析、最新情報等を網羅している。

 2014年第1四半期は、金融市場にとって課題の多い四半期であった。地政学的な対立が複数の地域で起こったり、高頻度取引投資家を抑制する新たな規制も議論されるなどして、トレーダーの心的状態や信用に影響を与えた。

 この変わりゆく業界で業者がFXビジネスで生き残る手助けになるよう、この四半期調査報告書では、業界に重大な影響を与えるであろう問題を幅広く取り上げ綿密に精査している。欧州市場インフラ規制(EMIR)による欧州でのFXクリアリングの義務づけから、ウクライナとトルコでの取引高に及ぼす政治的危機の影響までカバーしている。

QIR1_2014samplephoto2 さらに、株式公開したFX業者のトレンドやそのコストについても注目した。また、米国で営業するFXブローカーへの課題、ドイツ・フランス・カナダの力強い経済がより活気づいたFX市場を生み出せなかった理由についても分析した。業界トップらへのインタビューでは、今後FX業界でのビジネスをさらに発展させる要因について伺った。

2014年第1四半期調査報告書のサンプル版閲覧・ご購入はこちら
※お得な年間購読もご用意しております。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.