ドバイ取引所DGCX、3月実績発表でQ1取引量300万枚を突破

by Forex Magnates at 10 April, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

dgcx ドバイ金商品取引所(DGCX)は、3月の取引実績を発表した。3月の取引数量は1,023,410枚(301.5億ドル)で前月比2%増加し、第1四半期の取引量は300万枚を超えた。

 アセット別に取引の内訳をみてみると、商品先物の実績が顕著である。金取引は金のボラティリティの増加の恩恵を受け前月比32%増加で過去12か月の最高値、WTI原油は前年比114%の急増であった。

 3月のユーロとインドルピーミニ取引は、過去2番目に高い日次平均建玉を記録し、それぞれ1,806枚(前年比66%増加)と6,016枚であった。

 DGCXのCEO、Gary Anderson氏は、新商品のローンチ計画について以下を強調した。「当取引所の主要商品は、シンガポールのようなアジアのハブでの金市場に特に役立つ効率的なヘッジングメカニズムを提供します。今年6月にスポット金取引を導入する予定で、これは既存の金先物を補完し、ドバイでさらに巨大な金のエコシステムを構築します。導入後は、DGCXのスポット金取引は現物引き渡し取引とのギャップを埋める為、現地の実物市場参加者に重要な価値をもたらすでしょう。」

■関連記事
2014/03/27 独占記事:ドバイ金融サービス機構がリテールFXを受け入れる、ブローカー参入増加か
2014/03/19 ドバイ取引所の2月実績、ミニ・インドルピーとスイスフランの取引高が爆発的
2013/12/11 ドバイDGCX、11月は為替取引で前年比51%の大幅増加 新興取引所として一層強化へ

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.