ゲイン・キャピタル社、CFD助言業者のGalvan Research社買収でサービス拡大狙う

by Forex Magnates at 8 April, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

galvan research logo ゲイン・キャピタル社は、7日、UKのCFD助言サービス業者Galvan Research社の買収を発表した。本買収に関するゲイン・キャピタル社のリリース内容で、CEOのGlenn Stevens氏は、「Galvan Research社は、当社のお客様に包括的な助言サービスを提供する為のしっかりとした基盤をもたらします。このディールは、12,500の商品をカバーする当社のFXおよびCFDサービスの拡大を助長させ、リサーチ力と助言力を向上させる重要なステップであると言えます。」とコメントをした。

 ゲイン・キャピタル社は、同社の核であるリテールFXサービスを超える収入源の拡大へと動いている。その結果、2012年にOpen e Cry社を買収し先物取引界へ参入と共に法人FXサービスにもさらなるリソースを投入した。リテール部門のFOREX.comについては、ゲイン・キャピタル社は、FXブローカーという枠を超え、2012年末にCFDプラットフォーム『TRADE』をローンチした。このように、Galvan Research社の買収は、非FXリテール商品をさらに重要視するという同社のトレンドに沿っている。利益率に関して言えば、CFDはFXよりも広いマージンで提供していると各ブローカーから報告されている。

 今回のディールによると、Galvan Research社は既存のブランド下で営業を継続する予定であるが、ゲイン・キャピタル社は、同社の取引顧客への助言サービスと統合し始める計画だ。UKのFCAライセンスを持つ助言業者として、Galvan Research社は取引提案、セクターレポート、週間マーケット情報を購読者に提供する。詳しい詳細は明かされていないが、FCAの助言ライセンスは、コピー取引に適用されるEUの規制に準拠するという点では、ゲイン・キャピタル社に潜在的利益をもたらすだろう。

■関連記事
2014/04/04 ゲイン・キャピタル社CEO、同社保有株の11%を約100万ドルで売却
2014/03/11 ゲイン・キャピタル社、2月の取引高リテール20%・法人16%ダウン
2014/02/28 ゲイン・キャピタル社、2013年Q4実績発表、GFT社買収効果もあり純収益37%増加

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.