米CFTC、ノースカロライナの夫婦に576万ドルの罰金

by Forex Magnates at 1 April, 2014 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

cftc 米CFTCは、フロリダの夫婦が違法な投資スキームを働いたとして576万ドルの罰金を課す連邦裁判所判決を獲得した。本件は、Gary D. MartinとBrenda K. MartinがFXのポンジースキームで2008年から2009年まで2,200万ドル以上を集めていた件についてCFTCが2011年3月に提訴していた。

 この夫婦はノースカロライナ州に登録していたQueen Shoals Consultantsという会社を運営しており、この会社を通じて、個人投資家を騙し、虚偽の内容でプロモーションを行う等を詐欺行為をしていた。

 本件に関わったのはこのMartin夫婦だけではなく、フロリダ在住のSidney Hansonが首謀者として関わっていた。かれは、2006年に虚偽のスキームを立案し、500人以上の投資家に民間融資や証券等を販売っしていた。Martin夫婦もこの詐欺に関わり、顧客資金をHansonに送金し、5%の紹介手数料を受け取り、その結果、夫婦は合計144万ドルを稼いでいた。

 Hansonは2011年に有罪判決を受けている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.