レート不正操作調査の中、UBS社、4人のFXトレーダーを停職処分

by Forex Magnates at 27 March, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

ubs logo 外国為替市場の不正操作に関する調査が現在も進められる中、スイス大手のUBS社は、米国、シンガポール、スイスの少なくても4人のFXトレーダーを停職処分にした。

 ブルームバーグが報じるところによると、停職になったうちの一人は、新興市場スポットトレーダーのOnur Sert氏で、残りの3人はスイスとシンガポールのトレーダーだという。

続く停職処分

 本件はドイツ銀行Citiグループ等の銀行系機関と同じ動きである。両銀行とも世界的調査の後、内部的措置を講じた。各国の規制当局は半年以上、WM/Reutersレートの不正操作についてさらなる詳細を確認する為に取り組んでいる。フォレックス・マグネイトはUBS社の何人かにコンタクトをとったがコメントは控えられた。

■関連記事
2014/02/07 ドイツ銀行、為替操作疑惑の調査渦中にNYのトレーダーを3人解雇
2014/01/20 今度はHSBC、為替レート不正操作でトレーダー2人を停職処分
2014/01/16 レート不正操作が深刻化、ドイツ銀行が複数のトレーダーを停職処分
2014/01/15 シティグループ、為替レート不正操作への対応でシニアトレーダーを解雇
2013/11/05 為替不正操作調査で大手銀行為替トレーダー続々と停職処分

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.