『元金保証、高リターン』を謳うFX詐欺に220万ドルの罰金

by Forex Magnates at 24 March, 2014 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

20140321-231152.jpg 米CFTCは、オハイオ州北部地区裁判所がカナダ人のPatrick Coleに対し1,146,399ドルの不正利得の返還と、彼の会社Global Strategic Marketing社(GSM社)に1,146,399ドルの民事制裁金の支払いを命じた事を発表した。

 CFTCによると本件は、2,300万ドル以上もの罰金の支払いを課された別のFX詐欺事件とも関連がある。Complete Developments社(CDL社)と同社関係者は、数百人もの個人投資家から“OTC FX取引のプロのマネージド口座”を開設させるために巨額の資金を不正に集めていた。CDL社とGSM社はパートナーとして共謀していたという。

 マネージド口座の背後にいたマーケティング業者であるGSM社は、CDL社によって提出されたデータや報告書の確認を怠っていた。さらに、利益を宣伝し、ステートメントでは「保証された元金返還、高リターン率」を謳っていた。

 史上最大級の巨額詐欺のマドフ事件以来、当局は投資家に注意喚起しており“ポンジースキーム”は業界の流行語となっている。CFTCは金融詐欺に潜む数えきれない危険についてウェブサイト上に特設ページを設ける等、FX関連の詐欺を勢力的に取り締まっている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.