ビットコインの魅力続き、PFSOFT社、マッチングエンジン搭載の電子通貨取引を提供

 ビットコインやその他の電子通貨について最小限の調査をしていない企業はほとんど存在せず、ウォールストリートや金融セクターでは、ビットコインを徐々に受け入れ始めている。

業界の多くの参加者が、このテクノロジーのポテンシャルに魅かれ、大半が好機を感じている。それでもなお、金融ビジネスを行うという事は、ビットコインの進化を前向きに活用しながら規制やセキュリティに対応し、低レイテンシー取引執行のストラクチャーを築く事が必要である。

 この金融業界の新規参入企業に、ブローカー・テクノロジープロバイダーのPFSOFT社がある。同社は、Protrader・エクスチェンジ・ソリューションをローンチした。この取引ソリューションは、フロントエンドソリューションを使用した電子通貨取引を提供する為にカスタマイズされたものである。サービス内容は、顧客向けフロントエンドのProtrader3取引プラットフォームと、CRM、レポート、支払いプロバイダーとの統合等サーバーサイドのバックエンドソリューションを含む。

 PFSOFT社のビジネス・デベロップメント責任者のRoman Nalivayko氏は、このサービスと電子通貨取引管理の採用についてフォレックスマグネイトにこう語った。「当社は既にProtrader取引プラットフォームを構築し、ブローカーまたは取引所向けに、外部の取引所への接続を必要とせずに証券取引を提供するマッチングエンジンを追加しました。電子通貨の取引所ソリューションの為に、マルチカレンシー口座、即座決済(ポジション維持なし)、先物向けの取引停止メカニズム(価格が予め設定したリミットに達した場合の)を開発しました。」

 先週、Blockchain.info社がRTBTCを買収し、リテール顧客と取引所を対象としたビットコイン取引プラットフォーム“ZeroBlock”をローンチした。また、FXブローカーのFXOpen社はBTC-e社と提携し、メタトレーダー4を使用した電子通貨取引を提供するテクノロジーサービスを提供している。このように競争を増していく市場にPFSOFT社は参入した事になる。

 しかし、PFSOFT社は、取引とバックエンド機能を包括したエンド・ツー・エンドのパッケージおよび同一システムを使用した他のアセットクラスへのアクセスを提供しマーケットに付加価値をもたらすと考えている。

IMG_11032014_174544

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.