CySEC、DC Digital社のウェブサイトに対し、5,000ユーロの低額罰金

by Forex Magnates at 10 March, 2014 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

CySEC キプロス当局のCySECは、キプロスの投資会社(CIF)Novox Capital社の関連会社であるDC Digital Processing 2社に、5,000ユーロの少額の罰金を言い渡す事となった。

 これは、CIFのライセンスを保有しているNovox Capital社の代理店に帰属するoptionbit.comのウェブサイトに関連した問題で、2013年11月29日から12月までのCySECの調査によるとキプロス国内でサービスの広告をする完全な承認を受けていなかったという。

 Novox Capital社のライセンス下で、optionbit.comは、複数の商品のバイナリーオプションサービスとプラットフォームを提供しているが、今年2月初旬に認可を取得したばかりである。

 2月にCIFのライセンスを取得したNovox Capital社は、TRADOLOGIC社のパートナー企業である。Tradologic社は、バイナリーオプション取引に特化したテクノロジープロバイダーで、多くのホワイトラベルパートナーやブランドにソリューションを提供している。

罰金対象となった認可前2012年のウェブサイト内容

optionbit 以前フォレックス・マグネイトは、他の管轄地域で規制を受けていないプロバイダー達が数多くの警告対象となった後、キプロスに多くのバイナリーオプションブローカーが参入するトレンドについて取り上げた

 キプロスのような管轄地域で確立されたライセンスを保有すれば、規制を受けていない業者と比較した時に顧客に堂々と営業する事が出来る。

 CySECは7日に発表したこの5,000ユーロの罰金は、同社の関連規則に対するコンプライアンス修正への努力が考慮され、非常に低額で、Novox Capital社のCIFライセンス下でのOptionbitを認可する前の2014年1月13日に決定された。

■関連記事
2014/02/14 TRADOLOGIC社、CySECライセンスを取得、キプロスがバイナリー業者の“ホーム”へと確立される

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.