ビットコイン最大級取引所「Mt.Gox」破綻、ビットコインの未来はいかに

by Forex Magnates at 3 March, 2014 カテゴリ: その他 | 国内その他 | 国内総合

mtgox ビットコイン最大の取引所「Mt.Gox」が今日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債は約65億100万円。

 同社は記者会見で、預かり金が最大約28億円不足しているほか、利用者や同社の保有する約85万ビットコインほぼ全てが消失したとしている。これは同社の最終レートで約114億6,000万円、他社の直近の平均レートでは約470億円に相当する。同社の顧客数は12万7000人でその内、日本人は1000人程度とみられる。Mt.Goxのマルク・カルプレス社長は、いずれ退任する意向も発表した。

 同取引所は、2013年5月頃から数回にわたってサーバーに大量のデータが送りつけられるなどサイバー攻撃が繰り返されていた。

 2月7日からバグが原因で全ての引出を停止、26日には当面全ての取引を停止する事を発表。また、最近、Bitcoin Foundationの役員が2人辞任しており、ビットコイン界を激震させた。

 2月24日頃までにユーザーの約75万ビットコインおよび会社自身の約10万ビットコインのほぼ全てがなくなっていることが判明した。

 ビットコインウォレットの米Coinbase社らは、24日に6社共同で、今回の問題はMt.Goxだけの問題であり、デジタル通貨業界には影響しないという声明を出しているが、今回の破たんがどのようにビットコイン界や他の仮想通貨に影響を及ぼすのか世界中のユーザーが注目している。

■関連記事
2014/02/28 MtGox Files For Bankruptcy Protection Today, Says May have Lost All Customer Bitcoins
2014/02/25 ビットコイン界激震、Mt.GoxのCEO辞任発表の最中、米当局が捜査特別委員会発足
2014/02/10 ケベック州、AMFからビットコインリスク警告受け、インドネシア中銀は法定通貨でないと主張
2014/02/07 CySECがビットコイン警報、一方でビットコイン取引をローンチするバイナリー業者
2014/01/08 BOの時流に乗り遅れるな:Leverate社、ビットコイン取引可能な新BX8プラットフォームを発表
2013/12/26 中国に続き、インド中央銀行、ビットコイン等の電子通貨に警鐘
2013/12/19 遂に登場、eToro社がビットコイン取引をベータ版でリリース
2013/12/17 Leverate社、ビットコイン取引のサポート開始:ボラティリティは金の8倍
2013/12/17 仮想通貨「ビットコイン」は新たな投資対象となるのか
2013/12/12 ビットコインマイニングによるコンピュータ感染が3,000台を超え、世界全体の1/4を占める
2013/12/10 ビットコインが将来のメインストリームに?MT4向け無料ビットコイン価格フィードが登場
2013/12/09 中国人民銀行、金融機関に対するビットコイン取引禁止で価格は急落
2013/11/19 中国からの需要によりビットコインは史上最高値に
2013/10/30 米FBI、闇サイトシルクロード運営者からビットコイン2,800万米ドルを押収 カナダでは世界初のビットコインATMがスタート
2013/10/09 ビットコインで取引、違法ドラッグサイト「シルクロード」摘発: BTC Global社、CEO にインタビュー

この記事はWESTERN Incのオリジナル記事で、英語での原文はございません。

latestreport_here





コメントはまだありません.