ゲイン・キャピタル社、2013年Q4実績発表、GFT社買収効果もあり純収益37%増加

by Forex Magnates at 28 February, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

GAIN Capital logo NYSEに上場しているFXブローカー、ゲイン・キャピタル社は、2013年第4四半期実績と2013年の年間財務実績を27日発表した。

 GFT買収の効果もあり、前四半期から収益も取引高も顕著な伸びを見せた。

2013年第4四半期実績

(2013年第3四半期実績比)

  • 純収益は、6,060万ドルから37%増の8,300万ドル
  • 純利益は、470万ドルから8.5%減の430万ドル
  • 調整後EBITDAは、1,200万ドルから14.2%増の1,370万ドル
  • 法人取引高は9,013億ドルから22%増の1.1兆ドル
  • 法人部門からの収益は1,770万ドル
  • リテール顧客の預かり資産は、6億8,410万ドルから8%増の7億3,930万ドル
  • リテールOTC取引部門からの収益は6,140万ドル
  • リテール取引高は5,080億ドル
2013年年間実績

(2012年比)

  • 純収益は、1億5,140万ドルから76%増の2億6,640万ドル
  • 純利益は、260万ドルから3,130万ドルに増加、希薄化後一株当たり利益も0.07ドルから0.79ドルに増加
  • 調整後純利益は、400万ドルから3,380万ドルに増加、希薄化後一株当たり利益も、0.11ドルから0.85ドルに増加
  • 調整後EBITDAは、1,110万ドルから450%増の6,100万ドル
  • リテールOTC取引高は1.3兆ドルから38%増の1.8兆ドル
  • リテール部門からの収益は、1億2,750万ドルから2億510万ドルに増加
  • 法人取引高は、2兆ドルから103%増の4兆ドル
  • 法人部門からの収益は、1,350万ドルから3,860万ドルに増加

 ゲイン・キャピタル社CEOのGlenn Stevens氏は、2013年の年間実績について「2013年は当社にとって変革の年でした。GFT社買収や本業の成長イニシアチブの実行が功を奏しました。GFT社買収は、当社のリテールOTCビジネスの規模、顧客基盤、提供サービスを拡大するだけではなく、当社のグローバルでのプレゼンスも拡大しました。私達は、コミッションビジネスの成長を通し、収益多様化戦略を実行し、これによる法人ビジネスの収益が約3倍にまで膨らみました。」とコメントをした。

■関連記事
2014/02/13 ゲイン・キャピタル社1月リテール取引高38.4%増、華々しく2014年をスタート
2014/01/14 ゲイン・キャピタル社12月取引実績:リテールおよび法人取引高は前年比で増加、前月比では減少

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.