CFTC、FXポンジースキームで160万ドル集めた2人を提訴

by Forex Magnates at 20 February, 2014 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

CFTC ノースカロライナ在住のRon Earl McCulloughとDavid Christopher Mayhewが、虚偽かつ誤解させるような情報で11人のFX投資家を騙しFXポンジースキームを働いたとして米CFTCがノースキャロライナ東部地域地方裁判所に提訴した。

 McCulloughとMayhewは、このポンジースキームで不正に230万ドルを集めた。この二人が詐欺行為は、FX取引のリスクを正確に伝えていなかった事、顧客に元金返済の保証、短期間での2倍の高リターンを保証、元金の支払いに顧客資産を使用する意向を伝えていなかった事、資金を個人的出費に充てた等幅広い。

 多くの詐欺的な投資スキームのように、2人は、詐欺を隠ぺいする為に顧客の資金を他の顧客に支払い資金を回していた。本件に対する通知文には、「McCulloughとMayhewに対する続く訴訟において、CFTCは民事制裁金と資金の返済、不正利得の返済、取引・登録の禁止、恒久的差し止め命令を求めている。」とある。

 CFTCはFX詐欺を重要視しており、個人投資家に対しウェブサイト上で詐欺に関する呼びかけを行っている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.