アルパリロシア社、1月取引高1,366億ドル達成、2013年の月間平均を4.1%上回る

by Forex Magnates at 20 February, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

alpari FX取引高においてアルパリグループ最大の貢献者であるアルパリロシア社は、19日、2014年1月のロシア・CIS諸国の取引高が1,336億ドルであった事を発表した。1月は12月に比べ業界全体でFXの取引高増加が見受けられた。

 アルパリロシア社におけるロシアとCIS諸国の1月顧客取引高は、2013年の月間平均の1,312億ドルを4.1%上回っている。前月比では54億ドルの増加であった。

 さらに、同社プレスリリースによると1月の取引数は100万を超えた。口座開設数は110万口座であった。

 1月に最も前月比増加幅が大きかったのはGBP/USDで91億ドル(+40%)であった。

 EUR/USDの取引高にも顕著な増加が見られ、89億ドル(+17%)伸びた。同月、最も取引が行われた3大通貨ペアはEUR/USD(45%)、GBP/USD(24%)、USD/JPY(7%)であった。

 アルパリ社に関連する最近のニュースには、アルパリUS社が報告データ不足でNFAから5万ドルの罰金を課された件と、アルパリUK社がわずか5ヵ月でバイナリーオプションサービスを停止した発表がある。

■関連記事
2014/02/06 アルパリUK社、わずか5ヵ月でバイナリーオプション界を離れる
2014/02/03 アルパリUS社、報告データ不足でNFAから5万ドルの罰金課される

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.