サクソバンク、アラブでのFX人気を受け、夏にアブダビにオフィス設立予定

by Forex Magnates at 7 February, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

saxo-bank-logo-1-300x224 アラブ首長国連邦のメディア、thenational.aeが伝えるところによると、サクソバンクが今年の夏にアブダビにオフィスを立ち上げる予定である。中東からの収益がサクソバンクの収益の大部分を占めている事が理由の一つに挙げられる。

 フォレックス・マグネイトは、サクソバンクに近い筋の人々と確認を取ったところ、この計画は事実のようで同社CEOのLars Seier Christensen氏は現在アブダビに出張中との事である。サクソバンクは2009年からドバイで既に営業しており、中東での新しいビジネスやパートナーの開拓に積極的だ。

 マーケットシェアの拡大を狙うブローカー達にとって、トレーダーのデモグラフィックは、ROI(投資収益率)や定量的収益予測で使われる一般的な測定基準である。

FXとオンライン取引が人気のアラブ

 アラブ首長国連邦は、その暑い気候もさることながら、オンライン取引やブローカー・銀行の現地オフィス開拓でもホットな目的地となりつつある。

 thenational.aeに寄稿しているAndrew Scott氏は、サクソバンクのChristensen氏による「当社は、アラブでネットワークやパートナーを拡大する事に引き続き注力しています。これはフランチャイズではなくパートナーシップです。全てのインフラとリクイディティを提供し、収益シェアをする事が基盤にあります。グローバルに見て、当社収益の20-30%がパートナーシップによるもので、この地域ではまだそのレベルに達していません。」というコメントを取り上げた。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.