GMOクリック証券、1月の取引高発表:回復軌道に乗る

by Forex Magnates at 5 February, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 GMOクリック証券は、2014年1月の取引高を発表した。1月の取引高は12月よりも大幅に伸び、82.89兆円。昨年の輝かしい実績を残した夏のレベルに向け徐々に回復しつつある。

 2013年後半は、夏の100兆円超えから減少傾向となり、11月には年間最低値まで落ち込んだ。その11月と微増した12月の数値と比べると、1月の実績はプラス方向へと非常に大きなステップとなった。

 同社のくりっく365は取引高も稼働口座数も増加し続けている。稼働口座数は12月の212,964口座に対し、1月は216,839口座であった。口座数増加は微増であったが、取引高は402,877枚から436,648枚へ躍進した。

 くりっく365の口座数について言えば、サイバーエージェントFXの「くりっく365」事業を、吸収分割契約を締結することを発表したインヴァスト証券は、2013年9月末時点におけるサイバーエージェントFXの「くりっく365」の証拠金残高が、47億8,440万239円で、顧客口座数は約12万口座であると発表した。この吸収分割の効力発生日は2014年3月2日が予定されている。

gmo

GMOクリック証券月間取引高(単位:1兆円)

■関連記事
2014/02/03 2013年取引高ランキング、GMOクリック証券が2年連続1位に
2014/01/07 GMOクリック証券、遂に取引高回復で2013年を締めくくる
2013/08/05 GMOクリック証券、6月に続き7月取引高も1兆ドルを超える

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.