2013年後半に新規参入が増加:バイナリーオプション業界はFX業界のように成長するのか?

QIR4_Logo 2013年後半にバイナリーオプション業界には数多くのエキサイティングな進展があった。それは、いくつかのテクノロジー・プロバイダーによる長い寡占状態の後で、FX業界やオンラインゲーム業界から、バイナリーオプション業界に新規参入する企業が増加したからだ。

 フォレックス・マグネイトの「2013年第4四半期FX市場調査報告書」では、Tradologic社、TechFinancials社、MarketsPulse社、SpotOption社、新規参入のPandaTS社、といった経営トップに取材を重ね、こういった企業が自ら構築したインフラをベースに分析を行った。これらテクノロジーの専門家は、バイナリーオプション業をゲームと金融取引に分けて議論し、業界の将来に極めて重要な他の7つのトピックについても焦点を当てている。

■最新版!2013年Q4FX市場調査報告書の目次一覧・サンプル版閲覧はこちら

 この分析調査には、他にも多くの興味深い記事や多くのデータソースなど、2014年のスタートにあたって正しくFX業界を理解するために重要なものがすべて含まれているため、企業にとって大変価値ある内容になっている。

■関連記事
2014/01/16 フォレックス・マグネイト2013年第4四半期FX市場調査報告書リリース!

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.