フォレックス・マグネイト2013年第4四半期FX市場調査報告書リリース!

QIR4_Logo フォレックス・マグネイトは、2013年第4四半期の最も興味深い記事や最も注目されたトレンドの分析等を包括した待望の第4四半期FX市場調査報告書をリリースした。

 2013年は、ボラティリティーが取引高の急増や記録更新を引き起こし、これは特に日本のブローカーの間で多く見受けられた。また、多くの非常に興味深いM&Aが行われ、欧米ブローカーがこのトレンドを先導した。このように忙しい年を締めくくった第4四半期にはどのようなトレンドがあったのか。

 2013年が終わり新しい年が始まった今こそ、グローバルなFX業界を構成する基本的な部分を見直すのに良い時期であると私達は考え、新規でブローカービジネスを始めるのに今本当に必要なものは何なのか、ソーシャル/自動売買ビジネスで取引高をどのように向上させるのか、新しいアセットクラスを取引する方法とは何か等について調査しまとめた。

 また、新たなチャンスを求めウズベキスタンとカザフスタン市場に注目、マルタがキプロスのようなFX業界のハブ的地位に向かっているのかを分析、世界のFX業界にとって上海自由貿易区はどのような役割を成しているのかについても特集を組んだ。

 もちろん四半期恒例のブローカーの取引高データや、MT4使用状況、リテールおよび法人分野の重要トレンドのレビューも必見である。

■最新版!2013年Q4FX市場調査報告書の目次一覧・サンプル版閲覧はこちら

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.