米国のバイナリーオプション好調、輝かしい結果となったNADEXの2013年BO取引高

by Forex Magnates at 10 January, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

 様々な管轄地域でOTCバイナリーオプション商品が展開される事によって引き起こされた規制騒動は、2013年は多くの業者に困惑とチャンスの両方をもたらした。日本では、バイナリーオプション規制が定められ、取引プラットフォームの再構築が必要とされた。北アメリカではOTCバイナリーオプションを誘致する業者に取締りが行われた。

 Banc De Binary社は、OTCバイナリーオプションが違法となるマーケットで同商品を提供したとしてCFTCに提訴された。その一方で、バイナリーオプション専用取引所を展開するNADEXは2013年のバイナリーオプションの取引高が好調であった事を9日発表した。

 NADEXでは、同取引所でのバイナリーオプションとスプレッド取引が前年比で106%増加し、2013年中に最も取引されたのはUSD/JPYとUS500であった。

 NADEXのGeneral Counsel and Chief Regulatory OfficerであるTim McDermott氏は、公式文書の中で、「2013年のこの記録的な取引高の実績は、NADEXの着実な進歩を表しており、完全な透明性を持ったバイナリーオプションとスプレッド取引のプラットフォームを提供してきた事が成功の鍵と言えます。当社の取引高の成長は、取引プラットフォームの効率性向上だけではなく取引メンバーたちと密接な関係を作り上げてきた事にも起因します。」と述べた。

 NFAは米国におけるOTCベースのバイナリーオプション取引を違法と見做しており、米国顧客に同取引を提供しようとする海外業者を非難している。同国においてバイナリーオプションは、NADEXとCantor取引所の2つの専用取引所でのみの取引が可能となっている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.