海外FX会社、今年は人事変更がブーム サクソバンクも取締役会の人事異動を発表

by Forex Magnates at 24 December, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

saxo 先週、Levarate社とゲインキャピタル社が上級管理職の人事異動発表を行うなど、2013年はいくつかの大手FX会社が取締役やCレベル(肩書きCが付く)スタッフの大幅な人事変更を行っているが、サクソバンクは12月20日臨時株主総会を実施し、取締役会の変更を発表した。株主は、Lone Fønss Schrøder氏を取締役会の新しい副会長に、また以前は代替メンバーだったJacob Polny氏を今度は正式メンバーとして続投するよう任命した。

 取締役会会長のDennis Malamatinas氏は今回の変更について、メディア声明で、「両氏の新人事は喜ばしいことです。世界の資本市場の中で最も収益性が高くプロフェッショナルなファシリテーターであるために、当社はコアビジネスに注力していきます。」と述べた。

以下、新人事を含めた現在の取締役会メンバー:

  • Dennis Malamatinas, 会長
  • Lone Fønss Schrøder, 副会長
  • Professor Thomas Plenborg
  • Karl I. Peterson, TPG Capitalパートナー
  • Jacob Polny, TPG Capital プリンシパル

 サクソバンクの創設者である、Kim Fournais氏とLars Seier Christensen氏は、Fournais Holding A/Sおよび Lars Seier Christensen A/Sを通じて、各々同社株式を29.95%保有。また大手投資会社TPG Capitalが30%を保有している。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.