HotForex社、メタクオーツ社の圧力に屈す ZuluTradeプラットフォームを停止

HotForex Logo HF Markets Ltdの名前でモーリシャス金融サービス委員会(Financial Services Commission of Marutitius)の規制下におかれるHotForex社は、ZuluTrade社のプラットフォームのサポートを停止する最新のFXブローカーになる。

 HotForexのウェブサイトでは顧客に、“最近のZuluTradeプラットフォームとメタクオーツ社の紛争”に関連して、HotForexは2014年1月4日から、ZuluTradeのプラットフォームを提供しないことを告知している。

 メタクオーツは、サードパーティー業者がMT4プラットフォームをハッキングしておりブローカーにZuluTradeを含むサードパーティーディベロッパーとのオペレーションを停止するよう呼びかけてきた。先月は、アルパリRU(ロシア)が、ZuluTradeのプラットフォームを介したソーシャル取引のオペレーションを終了し、メタトレーダーシグナルへ置き換えたことを発表している。

 ZuluTrade社、CEOのLeon Yohai氏は、今年6月、フォレックス・マグネイトの取材に対し、ハッキング疑惑を否定した。しかし、MT4プラットフォームの市場優位性によって、開発者であるメタクオーツの圧力がブローカーのコンプライアンスに掛かるように思われる。

 ZuluTradeを使用するHotForexの顧客は来年1月4日までにすべてのポジションを閉じるか最終日の市場価格で決済されることになる。HotForexは顧客に不便を謝罪すると共に、近い将来、新たなソーシャル取引サービスを開始することを約束したが、現時点でその詳細はまったく明らかにされていない。

 Leon Yohai氏は、フォレックス・マグネイトの“Meet the Experts forum”でさらに詳しくこの問題についてさらに語る予定だ。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.