新たなビジネスモデルか?FXDD社、スワップディーラーの認可受ける

by Forex Magnates at 28 November, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

1331554506fxdd-logo-300 NFAは、FXDD社を新たにスワップ業者として承認した。リテールFXブローカーの中では最新のケースである。この動きは、今年初めのゲイン・キャピタル社やFXCM社、そしてゲイン・キャピタル社と合併する前のGFT社に続くものだ。スワップディーラーとして認可を受けると、業者は様々なスワップ取引商品に必要不可欠となっている新しいスワップ執行ファシリティー(SEF)プラットフォームにリクイディティを提供する事が可能となる。現在、指定スワップディーラーとしてNFAに認可されている業者は90社を超える。

 今回の認可は、FXDD社が自らを引き続きNFAの管轄下に置き、米国からの撤退予定はいまのところ無い事を意味する。

 フォレックス・マグネイトロンドンサミットでは、FXDD社と、米国市場、2013年のNFA・CFTC・同社の和解、そしてNFAがリテールブローカーに“エージェンシーオンリー”モデルの要件を適応するか否か、さらには全てのリテールFXが取引所へ移行する可能性について意見を交わした。FXDD社のマーケティングディレクターのJohn Corbett氏は、このマーケットはどの方向にも進む可能性があると語った。そして同社が、規制が市場を支配しているにかかわらず米国市場内で、自らをアクティブなブローカーとして位置付けている事も説明した。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.