TradeSlide社、ユニークなマルチフェイスソーシャル取引のランキングモデルを開発

by Forex Magnates at 27 November, 2013 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

TS フォレックス・マグネイトはTradeSlide社に関する記事を数ヶ月前にも記載したが、11月11日のロンドン・サミットでのエレベーターピッチ(短期間で自社を売り込む)・セッションで、同社は非常に興味深いプレゼンテーションを行った。フォレックス・マグネイト主催のサミットでは、エレベーターピッチ・セッションは恒例のイベントで、最も革新的な金融テクノロジーを扱う会社が競われる。

 同社は、ウェブ・インターフェースを通じて、トレーダーのリスク管理と同時にそのランク付けを行いまた最良のリスク調整後パフォーマンスをフィルタリングするためのサポートを目的とした一連のツールの開発を披露した。

RiskManager Simulation [Source: TradeSlide]

リスクマネージャーシミュレーション

 同社は、今年8月にFCA(英金融行為監督機構)からFX投資運用会社として事業を行うための認可を取得している。同社のビジネスモデルおよびストラクチャー(構造)による主な属性およびこの一連のツールの組み合わせの提供がどのような結果をもたらすのかというと、これには2つの側面がある。一つはユーザーがより良いリスクマネージャーになるよう誘致することを目的とし、またそれによってより成功するトレーダーの可能性があるということ。トレーダーには、数学ベースのソフトウェアを使用してリスク管理をしてもらうことになる。もう一つは、トレーダーの厳格なランキングアプリケーションを通じて、投資家が一番ベストなものだけを選択できる方法を提供することを目指している。

 平均してトレーダーが取引の方法論を構築する際に直面する困難には、次のような多くの要素が考慮される:空間と時間を経ての価格進行の動き、個々のリスク許容度、投資目的、適合性そして予想される市場の期待を反映したパラメーターの選択。

Mr. Juan Colon, Co-Founder, TradeSlide

TradeSlide社共同創業者Juan Colon氏

 同社共同創業者のJuan Colon氏に行ったフォローアップインタビューで、同氏は「当社は個人投資家に幅広く投資していただけるよう一生懸命努力して来ました。当社のスキルチャレンジは最初のステップを踏み出しました。そしてリスクマネージャーは、世界最初のP2P(ネットワークサービスにおいて、特にサーバーを必要とせずPeer同士で直接通信しあうサービスの仕組み)・アセットマネージャーを発売する前の最後のステップになります。当社のこのツールはブローカーに差別化をもたらし顧客のトレーディングの生涯価値を高めます。4,000人のユーザーから600を上回る最新トレーディングレポートと最低基準を満たしている最近の120のミーティングがリストアップされます。」

 これまでFXにおいて、それぞれのパフォーマンスを含み、取引しているすべての人の履歴全体が含まれる単一のデータベースが存在しておらず、上述のようなバイアスを完全に回避することができなかったため、正確なランク付けおよび分析のための高度なツールの必要性が求められていた。

 フォレックス・マグネイトのロンドンサミットにおけるエレベーター・ピッチ・セッションの中でのTradeSlide社のプレゼンテーションビデオはこちらで視聴が可能。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.