CFTC、MFグローバル社の被害者に、12億ドルの損害賠償を命令

by Forex Magnates at 20 November, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 大規模な顧客資金流用事件を起こしたとして業界や世界中のメディアで注目を浴びていた上場先物・オプション仲介大手のMFグローバル社の被害者にとってグッドニュースが報じられた。

mf 既に、CFTC(米商品先物取引委員会)はMFグローバルに1億ドルの制裁金を課し、MFグローバルはすべての容疑で和解することに合意していたが、CFTC(米商品先物取引委員会)は、米ニューヨーク州の連邦裁判所が被告MFグローバルに彼らの顧客への損失補償金として12億1,200万ドルを返還する同意審決を下したとする公式プレスリリースをウェブサイト上に掲載した。(全文はCFTCのウェブサイトを参照の事)この同意審決の中で、MFグローバルは訴状に記載された従業員の行為や不作為に基づき賠償責任を認めている。

 CFTCの訴状は、FCM(先物取引業者)登録者であるMFグローバルの顧客資金を保護することを目的としている商品取引所法とCFTC規則の規定に違反しており、登録者による勤勉な監督を必要とする。

 特に訴状は、2011年10月の最後の週に、MFグローバルが不法に同社の業務およびその関連会社の業務をサポートするために、顧客分別資金を使用したことを告発している。

 特定の顧客資金は既に返還されているが、破産法と返還不能で保護されていない会社の倒産時に行方不明になっている他の資金数百万ドルは、CFTCが規制ガイドラインと解釈によって規定している分別資金をどのように処理すべきかについて、より厳格なルールの必要性を示し、関連すべきドッド・フランク法改革に従うべきである。したがって、FCMが保持する顧客資金に付与される保護に関する規制は、CFTCが積極的に追求し続ける関心部分である。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■関連記事
2013/07/01 CFTC、元MFグローバル社CEOを提訴し、同社に制裁金1億ドルの支払い命令
2011/11/08 NFAはMFグローバルに関する通知を発表、カナダ人顧客の今後の選択肢
2011/11/01 CFTCとSECが共同声明、MFグローバル社の顧客資金、数億ドルが行方不明
2011/10/31 米MFグローバルが破産法申請、インタラクティブブローカーズに売却か

latestreport_here





コメントはまだありません.