IGグループ第2四半期決算、前年同期比は若干の増加だが前期比で減少を予想

by Forex Magnates at 20 November, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

ig-group IGグループは、12月1日に終了する第2四半期決算に向けて投資家に取引を促すための取引現状報告を行った。同社は、「前年同期と比べて今期の最初の2ヶ月間の収益は多少上回り、この状態は11月半ばまで続きました。マーケットは第1四半期よりも抑制されているわりには、今期も高い収益が見込まれます。」と述べている。

 昨年の第2四半期、同社は8,750万ポンドの収益を計上した。今年第2四半期が8,800万-9,000万ポンドの範囲内の少しの増加になると仮定すると、前期の9,360万ポンドからは3.5-6%の減少となる。昨年の第2四半期が第1四半期よりも非常に好調で印象的だったこととは対照的だ。今期は、夏枯れ相場の影響を受けた前期の収益よりも減少が予想される。

 このニュースを受けて、 IGグループ( IGG.L )の株価は600pに2.36%下落したが、まだ先週付けた過去52週間で最高値の632p近辺にある。第2四半期と上半期の決算は2014年1月14日に発表される予定だ。

■関連記事
2013/09/20 IGグループ、第1四半期決算を発表:収益は前年比15%増加
2013/07/24 IGグループ、2013年度暫定決算発表:純収益は1.4%減少だが利益は上昇

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.