独占記事: FXOpen社、UKウェブサイトを開設、次々と子会社を世界展開

1_white 2009年にMT4プラットフォームに純粋なECNトレーディングを持ち込んだ最初の業者であり、世界最大級のMT4ブローカーの1社であるFXOpen社は11月15日英国でのウェブサイトを開設した。

 当独占インタビューでは、FXOpen UK社の代表から、この新ウェブサイトの開設と成長計画の背景、そしてFXOpen UKを通じて競争力のある価格提供を行う理由について訊いた。同社は、英FCA(金融行動監視機構)ライセンス取得の前にASIC(オーストラリア証券投資委員会)のライセンスを取得しており、フォレックス・マグネイトは、その記事も掲載している。また、ニュージーランドのFXOpen NZ社は、正式にニュージーランドの金融サービス・プロバイダー・レジストリと金融紛争解決スキーム、そして財務委員会のメンバーに登録されている。

Gary Thompson, Operations Director, FX Open UK

Gary Thomson
Operations Director, FXOpen UK

 FXOpen UK社、オペレーション・ディレクターのGary Thomson氏は、新ウェブサイトの開設と同地域における方向性について、「FXOpen UK社設立の発表を大変うれしく思っています。FXOpen UK社は、当グループにとってコアバリューをもたらすことになるでしょう。当グループは元々トレーダーによって創立されましたので、私どもはお客様に、優れた取引条件、公正性、透明性、使用可能な技術革新などをご提供することを約束します。また、私どものECNサービスのレベル2とは、お客様がディーリング・デスクを介さないで、直接市場にアクセスできるということですし、当社から恒常的なサポートを受け続けている間は、機関投資家並みに、プライスのリクオートはありませんしスプレッドはゼロという低さを得ることができるのです。」と述べた。

 英国市場への比較的新しい参入者FXOpen UKは、FXに継続的に求められているより低いスプレッドと最良執行で取引高とマーケットシェアを獲得できれば、既にそのブランドを通じて成功している他の地域の子会社と同様の結果を生み出すことができるかもしれない。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.