世界最大の証券取引所がさらに拡大:ICEのNYSE買収が完了し、新グループが誕生

by Forex Magnates at 15 November, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合
Source: ICE NYSE

Source: ICE

 アトランタとニューヨークに拠点を置く、取引所およびクリアリングハウスの世界有数のネットワークであるICE(インターコンチネンタル取引所)グループ(NYSE: ICE)は13日、以前発表していたNYSEユーロネクスト(NYSE: NYX)の買収を完了したことを発表した。現金と株式の取引総額は110億ドルにのぼるとみられていたが、グループ全体の連結時価総額は230億ドルとなった。同グループが運営する取引所やクリアリングハウスは多様な資産クラスを網羅しており、その範囲は、金利、株式・株式デリバティブ、信用デリバティブ、債券、外国為替、エネルギー、金属、農産物に及ぶ。

ICE NYSE Euronext

ICE NYSE Euronext

 NYSEユーロネクストに上場する株式の連結時価総額は19兆ドルにのぼる。ICEグループによるNYSEユーロネクストの買収は、上場企業の現金交付合併の形をとり、13日無事に完了した。親会社であるICEグループはNYSEでの取引を本日からスタートし、新たな所有権が反映されて、NYSEユーロネクストはICEグループが完全所有する子会社となり、ティッカーシンボル「ICE」のもとで取引される上場企業となった。

 公式プレスリリースによると、ICEグループは16か所のグローバルな取引所と5か所の主要クリアリングハウスを運営し、2年連続で世界中からの資金調達の分野においてトップを目指しているという。ICEグループとNYSEユーロネクストは、それぞれのブランド名を残してビジネスを行っていく予定だという。

■関連記事
2013/11/01 雨のため先送り:ICEとNYSEが合併の期日を延期

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.