アルパリUK社CEOのDaniel Skowronski氏が辞任、後任はDavid Hodge氏

by Forex Magnates at 15 November, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 リテールFX大手のアルパリ社は13日、ロンドンを拠点とする英国本社に新たな最高経営責任者(CEO)を迎えたと発表した。これは国際的なFX事業で卓越した評判の高い業界人であるDaniel Skowronski氏の辞任を受けたものである。

 FX業界において世界一流の一つに数えられる会社のCEOの地位を去るにあたり、アルパリ社の英国部門を統括してきたSkowronski氏の素晴らしいプロフェッショナルな手法が思い出される。

alpari アルパリ社の英国事業のCEOはきわめて高く評価されている地位であり、David Hodge氏がその後を継ぐ用意をしている。Hodge氏は電子取引セクターにおける戦略上、商業上および業務運営上の経験を豊富に有している人物である。

 Hodge氏は2年前に英国事業の最高マーケティング責任者としてアルパリ社に入社し、その後最高執行責任者(COO)に昇格した。オンラインセクターおよび金融セクターの両方について戦略上、商業上および業務運営上の経験を豊富に有している。

 アルパリUK社の創業者の一人で大株主のAndrey Dashin氏は13日、この任命について正式にコメントを発表した。「今回の昇進はDavidのアルパリ社に対するこれまでの貢献を認めるものです。彼は事業における変革の実施について確固たる実績を上げ、戦略的ビジョン、商業上の経験およびリーダーシップのスキルを有しており、こうした資質は事業を進展させ利益の拡大を加速する上で欠かせないものなのです。」

 Hodge氏は今週辞任した、前CEOのDaniel Skowronski氏の後を継ぐ。アルパリUK社の創業者の一人で大株主のAndrey Vedikhin氏は次のように語った。「この3年間にわたるDanielの事業への貢献に感謝するとともに、将来の成功をお祈りします。」

 業界的な背景という面ではHodge氏の経歴は多岐にわたっている。国際的な優良企業であるWilkinson Sword社、Cadbury社およびScottish Courage社ではマーケティングを担当した。その後、創業間もない格安航空会社のBmibaby社に移り、マーケティング、セールス、電子商取引、収入管理およびネットワーク・プランニングを監督する商取引担当の取締役に就任した。さらに、2008年にIGグループのグループ・マーケティング担当の取締役を務めた。アルパリUK社には2011年10月に入社した。

 Skowronski氏は目先の計画についてまだ明確には決めていないが、アルパリUK社での信頼ある業績を上回るような事業を検討しているのかもしれない。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.