750名のエグゼクティブが参加:ロンドンサミット2日目はより多くのテーマをディスカッション

by Forex Magnates at 13 November, 2013 カテゴリ: イベント | 海外イベント | 海外総合
Forex Magnates, CEO and Founder, Michael Greenberg

フォレックス・マグネイト社CEO兼創設者 Michael Greenberg氏

 グローバルなFX業界のあらゆる側面から750人の業界幹部が参加したロンドン・サミット2日目最終日。初日のFXテクノロジーのプロらによるパネルディスカッション後、夕方からは、配列された商品プレゼンテーションと展示ホールの陳列を眺めながら、社交とネットワーキングが行われた。

 2日目の朝は、HFT(高頻度取引)に関するパネルディスカッションから始まった。最も低いレイテンシー、最高性能の接続を開発している技術プロバイダーに対する規制当局の動向や国際的に具体化された法人FXトレーダーについて議論された。これらに関しては、2013年、フォレックス・マグネイトが密接にフォローし続けてきたものだ。

 パネリストはMarketPrizm社、RapidAddition社、Fixnetix社、Blacktree Investment Partners社、Greyspark Partners社の代表者達で、HFTに関連して、株式とFXの市場間の詳細な比較を深く掘り下げて議論した。また、市場データ、コロケーション、FIXの使用、低レイテンシー、接続、ニュースフィードやアルゴリズム、通貨固有の戦略などについて質問が上がった。

 また、午後は2つのパネルディスカッションが行われた。ひとつは、Abraxas Capital Management社、Digital Vega社、Victory FX社、GAIN Capital社、KCG Hotspot FX社の代表者達によって、バイサイドとセルサイドの取引執行要件への洞察を提供することに焦点が当てられた。

MMP_0667

 最後のパネルディスカッションは、今日のハイテクFX業界における重要な要素である効率について議論された。FXCM社、LMAX Exchange社、CME Group社、FXall社、Integral Development Corporation社の代表者達が効率的にFXで取引を実行する方法を詳しく精査した。

 FX業界で最も独創的なかつ最先端であることを競うスタートアップ企業のプレゼンテーションは好評に付きまた開催された。今年は12の会社が2分間限定のプレゼンテーションを行い、「Most Innovative Financial Product Award(最も革新的な金融商品賞)」はその内の1社に授与される。

 この日の最終イベントはフォレックス・マグネイトサミット毎年恒例の「Forex Magnates Award(フォレックス・マグネイト授賞式)」である。今年は、どの企業がどの賞を獲得することになるのだろうか?

■関連記事
2013/11/13 【写真】フォレックス・マグネイトロンドンサミット初日は大盛況の中終了
2013/11/13 フォレックス・マグネイトロンドンサミット初日:メインパネルはFXのテクノロジーについて
2013/11/12 フォレックス・マグネイトロンドンサミット開幕!:世界から業界人が集まる交流の場

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.