トムソン・ロイター社の10月取引高、ここ数年の最低レベル、FXall社も減少示す

by Forex Magnates at 11 November, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

Thomson Reuters  トムソン・ロイター社は、10月のFX取引実績を発表し、同社FXスポット取引高と子会社のFXall社の取引高は前月比で減少を示した。

 10月のトムソン・ロイター社のFXスポット取引の日次平均取引高(ADV)は970億ドル、ここ数年で最低値となった。前月の1,100億ドルから11.8%減少、前年同月(1,200億ドル)と比較すると19.1%減少した。

 一方、FXall社の日次平均取引高は、前月の1,110億ドルから1,060億ドルと4.5%の減少で収まった。前年同月比では12.7%の増加であった。

 トムソン・ロイター社の競合、EBS社の10月取引高は前月比5%減少で、ここ数年の最低値を記録した。今年上半期は好調な実績を挙げた公開取引サイトは、主要通貨におけるボラティリティーの低下により取引高は激減している。FRBのテーパリング実施への思惑がボラティリティに影響し、通貨と債券はどちらも取引高が減少する結果となった。

■関連記事
2013/10/31 トムソン・ロイター社のQ3実績、通期予想に向け順調に推移、Eikonが事業のスリム化を後押し
2013/10/30 トムソン・ロイター社、アジア戦略拡大:次はベトナム中央銀行の為替取引監視システムを提供
2013/10/09 FXall社、親会社トムソン・ロイターを抜き9月のインターディーラー取引高No.1に
2013/09/11 トムソン・ロイター社とFXall 社、共に8月の取引高は減少

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.