10月のインターコンチネンタル取引所、FX取引45%減少

by Forex Magnates at 6 November, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

ICE logo ICE(インターコンチネンタル取引所)は、10月の取引高を発表した。全商品の日次平均取引は3,336,613件で9月より4.3%増加、前年同月比では1%減少であった。前月比増加に最も貢献したのは、天然ガス先物と電力先物でそれぞれの増加率は5.5%、56%。

 ICEのFX部門は、日次平均取引が9月の36,863件から44.6%減少の20,440件。FX業界全体でも見受けられるように、同取引所も6月に年間最高日次平均取引高を記録して以来、取引高は減少している。他の大手公開取引サイトとは異なり、ICEの取引高は主にドルインデックス先物が占めている。FRBによる金融政策の方向性が明確でない事から、ドルインデックス先物は伸び悩む結果となった。

■関連記事
2013/11/01 雨のため先送り:ICEとNYSEが合併の期日を延期
2013/09/06 ICE、8月の取引高を発表、FX部門は前年比60%増
2013/06/11 米ドル急落、CMEとICEで記録的なFX取引

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.