Compagnie Financière Tradition社、収益8.7%減少だが、FX事業は好調

by Forex Magnates at 24 October, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

compagnie_financiere_tradition_134366 スイスの大手マルチアセットスペシャリスト・インターディーラーブローカーのCompagnie Financière Tradition社は、2013年1月から9月までの実績を発表し、前年同時期と比較すると落ち込みを見せる結果となった。

 同グループの1月から9月のIFRS総収入は679.5百万スイスフラン(761百万米ドル相当)、前年同時期は744.5百万スイスフランで、現在の為替レートだと8.7%減少。(為替変動を考慮しない場合、6.1%減少)

 また、非IFRS総収入は727.9百万スイスフラン、前年同時期は790.6百万スイスフランであった為4.8%の減少(為替変動を考慮しない場合)であった。インターディーラーブローキングビジネス(IDB)の非IFRS収益は、為替変動の影響を除くと5.5%減少したが、日本のリテール投資家(非IDB)のFX取引ビジネスでは25.4%の増収が見られた。

 第3四半期の非IFRS総収入は、217百万スイスフランで、前年同四半期比5.7%減少した。

 Tradition社は、9月、SEF(スワップ執行ファシリティ)の認可を受けている。同社サイト上では、金利スワップ、クレジットスワップ、エクイティデリバティブ、商品デリバティブ、FXオプション、NDFの市場で運営を行う予定であると述べている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.