米NFA、財政難のAlphaMetrix社に期限付きで60万ドル返済を強制

by Forex Magnates at 23 October, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

alphametrix logo NFA(全米先物協会)が、FCM(先物取引業者)のリアルタイム分別顧客口座を監視するサードパーティ・ベンダーのAlphaMetrix360社との契約を、親会社であり投資家にヘッジファンドとCTA(先物運用専門業者)をマッチさせる業務を運営するAlphaMetrixGroupLLC社の財政難を理由に打ち切ったという先週のニュースに続き、NFAはAlphaMetrixに11月1日までに、その運用マネージャーとパートナーに60万ドルを再返済するよう通知した。同社は、この財政難によってパートナーへの支払いが発生していたことを顧客に発表している。

 NFAのMRA(Member Responsility Action:会員責任処分権)の文書によると AlphaMetrixはCPO(コモディティプール・オペレーター)としてコモディティ、金融、先物為替などの90のファンドを管理し、2013年8月31日現在で70億ドルの運用資金を保有している。AlphaMetrixは、顧客資金は安全で別の金融機関に預託されたことを顧客に発表したが、サードパーティ・マネージャーへの支払いが行えなかったことにより次のような影響が出ると述べた:「最近、当社にとって大きなキャッシュフロー問題が発生しましたので、財政状態の強化と継続的な事業に努めています。また、これによって特定のサードパーティ・マネーマネージャーと参加者への手数料リベートの支払いが遅れており、これら手数料は本来ファンドに再投資されるべきですが、実際にされていないため、ファンドの基準価格に影響を及ぼす可能性があります。」

 現金不足を補うために AlphaMetrixは所有株式を売却して資金を調達しようとている。NFAによると、11月1日の支払期限に間に合わなければ、NFAの承認なしで取引や送金を行うことが禁止される。仮にAlphaMetrixが支払期限を満たしたとしても、同社に対する信用が損なわれたため、今後投資家の資金引き出しが加速する可能性がある。投資市場が信頼できると判断する新しいパートナーが出現しない限り、同社のキャッシュフローの苦境はまだ続くことになる。

■関連記事
2013/10/16 NFA、詐欺防止のための監視システムを委託したAlphaMetrix360社に監視不行き届き

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.