混乱続くFinancial Technologies社、MCXのCEOが辞職

by Forex Magnates at 22 October, 2013 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

mcxsx インドマルチ商品取引所(以下、「MCX」)は、Shreekant Javalgekar現CEOの辞職を発表した。同取引所については、今月初めに、副会長およびシェアホルダー・ディレクターであるJignesh Shah氏の離任が発表されている。Shah氏は、MCXの株式を26%保有し、その他9つの取引所の株式を有するインドの金融テクノロジー・プロバイダー、Financial Technologies社の経営幹部である。Financial Technologies社は、同社の管理下にある取引所、NSEL(ナショナル・スポット・エクスチェンジ)が取引を一時停止および会員の支払業務を差し止めたことに端を発し、依然としてスキャンダルの渦中にある。本件に関しては役員会と経営陣が対立の姿勢を続けているが、不正行為に対する刑事責任の有無を確認するため、現在行われているNSELへの立入検査の一環として警察は顧客資金の所在を追求している。

 NSELに関する一連の出来事により、金融市場委員会(Financial Markets Commission)は、Javalgekar氏とShah氏に対してMCXをリードする立場としての「適格性」を追求する「理由開示通知」を発行した。Javalgekar氏に対する追求は、同氏がFinancial Technologies社の前ファイナンス・ディレクターであったため、親グループおよびNSELへのつながりが懸念されたことによる。

 今後に向け、MCXは今週中にも新CEOの任命について話し合うための役員会を開く。Javalgekars氏の辞職については、MCXはコメントを差し控えている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.