フォレックス・マグネイト、米バイナリーオプション完全調査:米国では取引所取引のみ

 バイナリーオプション誕生によって、近年同商品を提供する会社が非常に急速に増加し、2011年世界でいち早くCysec(キプロス証券取引委員会)がバイナリーオプションを金融商品と位置づけ認可したことも同取引を促進させる結果となった。現在、世界では、バイナリーオプションの100以上のホワイトラベルの提携とブランドが存在する。

images リニューアルした最新の「フォレックス・マグネイト2013年第3四半期リテールFX市場調査報告書」には、米国におけるバイナリーオプションの法的アプローチの詳細が記されている。FXの世界最大市場である日本では、賭博性を抑制し投資家の保護を図るため金融庁がバイナリーオプションの規制強化に乗り出したが、米国に関しては、他の国と状況はかなり異なっている。その主な違いは、企業が店頭バイナリーオプションを提供するのは違法であり、代わりにすべての取引は専用の取引所を介して処理されなければならないということがあげられる。

 現在、米国にはシカゴ拠点の2つのバイナリーオプション取引所が存在する。北米デリバティブ取引所(NADEX)はIGグループの一員およびCFTC(米先物取引委員会)管轄の取引所であり、執行されたすべての取引の詳細(満期価値、バイヤー・ペイアウト/セラーペイアウトの数字、通貨ペア、取引タイプ、日付など)を毎日公的に利用可能なレポートとして提供している。

QIR3_Logo NADEXの代替取引所であるCantor取引所シニアマネージング・ディレクターのRod Drown氏は、フォレックス・マグネイトに「多くのグローバルなバイナリーオプション市場では、顧客を獲得することとマーケットメイクのビジネスの2つがしっかりひとつの会社で行われていますが、米国の規制環境ではこういった2つの活動は分離されているので、顧客は多くのマーケットメーカーと自由に取引できるのです。」と述べた。

 以上はごく一部であり、より詳細な米国バイナリーオプション市場の内容は、「2013年第3四半期リテールFX市場調査報告書」をご参考いただきたい。特に、米国バイナリーオプション市場への参入を希望する会社にとっては大変有益なものと思われる。
「2013年第3四半期リテールFX市場調査報告書」の購入はこちら
※英語版の販売のみとなります

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.