CLSグループ、9月の売買金額は前月比で12.5%増加、前年比では2.6%減少

by Forex Magnates at 15 October, 2013 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 海外その他 | 海外業者 | 海外総合

CLS_logo 外為決済専門機関、CLSグループの9月の日次平均売買金額は、参加銀行(決済メンバー)が提出したインストラクションに一致した前月比で12.5%増加の5兆500億ドルとなった。前年比では、5兆1,900億ドルから1,400億ドル(2.6%)減少した。

 ADV(日次平均取引高)は前月比で少なくとも5,060億ドル増加した一方で、ADVのインストラクション量は前月の1,093,565から15,135(1.4%)減少の1,078,430となった。また、前年比でも3.2%減少した。

 以下の図1に示されるように、前月比で、“セトルメント・サービス・インプット”の増加に対して、“アグリゲーション・インプット”は減少した。

 CLSには世界の約65の銀行が参加しており、取引高は、ECN(電子商取引ネットワーク)もしくは他の間接的な価格アグリゲーターや照合システムと違って、参加銀行間での決済によって表される。

 外為決済のリスクを軽減する目的のために設立された非営利組織であるCLSは今年9月にUSD/CADの決済リスクの軽減を発表した。CLSは現在17通貨を取り扱っている。なお、CLSの決済業務詳細等については、今年5月の記事で取り上げている。

注:CLSは為替取引の売りと買いの両方を報告しているため、1日平均売買金額のデータをBISと半年ごとの外国為替市場委員会で用いられている方法と同等にするには、当金額を2で割って調整しなくてはならない。

Figure 1. September 2013 [source CLS Group]

図1 2013年9月(ソース元:CLSグループ)

■関連記事
2013/09/13 CLS銀行、8月の取引高が5.8%減少
2013/07/17 CLS銀行、6月の為替決済取引高と売買金額は過去最高
2013/05/17 みずほコーポレート銀行 CLSアグリゲーション・サービスに参加
2013/05/10 CLS BankとFXセトルメントの世界

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.