トラブルの常習犯、Tracy Spaeth氏を逮捕

by Forex Magnates at 10 October, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 テキサス州の地元紙『Lubbock Avalanche-Journal』のオンライン版、『Lubbock Online』は、Tracy Morgan Spaeth氏が「総額10万ドル超の不正な証券販売を行った」として今週逮捕されたことを報じた。Spaeth氏の名がネガティブなヘッドラインニュースに再登場した。

Lubbock 2011年、Spaeth氏が虚偽のマーケティング資料を用いて顧客を勧誘したこと、および劣悪と思われる企業への投資に顧客を差し向けたことに対し、NFA(全米先物協会)は同氏を被告とする申し立てを行った。本件の結審では、罰金、およびNFAの規制下にある企業との接触を3年間禁じる罰則がSpaeth氏に言い渡された。

 FXおよび先物市場から締め出されたSpaeth氏は活動の場を株式市場へ移し、そこでヘッジファンドの裁定取引を取り扱うようになった。Spaeth氏は以前同様、投資利益を誇張したマーケティング戦略のもと10%~50%の利益率をうたい文句に顧客の勧誘を行った。未登録および不適切な投資勧誘を行ったとして新たに容疑をかけられたSpaeth氏のテキサス州における証券販売資格は、今年5月に差し止められることとなった。

 Lubbock Onlineによると、このたびの逮捕は、同氏が資格を差し止められた後も証券の販売を継続したことが理由と考えられている。Lubbock Onlineは今回の逮捕について、「10万ドルに及ぶ不正な証券販売は、第1級犯罪である。有罪判決が下った場合の刑罰は、終身刑もしくは5年以上99年以下の懲役と予想される。」という内容を加えた。

 フォレックス・マグネイトは2011年に初めてNFAの告訴内容を取り上げた際、「この件は、無防備なトレーダーや投資家が出来過ぎた投資話の餌食にならぬよう警鐘を鳴らすものだ」と述べた。今回のケースもまた、以前と同様の忠告を投げかけている。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.