サクソバンク、9月の取引高前月比で5%減少ながらも顧客預り金は増加

by Forex Magnates at 7 October, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

saxobank サクソバンクは、9月の取引高が前月比で5%減少したと発表した。しかし、顧客預り金は増加した。同社は、今年8月以来、取引高が減少する一方で顧客預り金は増加しており、これは、シリアなどの地政学的な不透明感やボラティリティの上昇による為替市場への資金シフトの増加もしくはリスク回避の結果、顧客が利益を得たからと考えている。

以下詳細:

  • ADV(日次平均取引高)は、8月の106億ドルから1億ドル(1%)減少し、9月は105億ドル。
  • ADVは、前月比ではそれほど悪くはないように見えても、今年1月から8月までの各月のADV150億ドルよりも45億ドルも低い。
  • 取引高は、8月の2,320億ドルから9月は2,200億ドルに120億ドル減少。
  • 総顧客預り金は8月の71億4千万ドルから9月は75億3千万ドルに3億9千万ドル増加した。

 サクソバンクは先週、南米市場での新たな取り組みとして、エキゾチック通貨や金関連の金融商品の取引を行うことを発表したが、こういった新商品の提供が同社の取引高に貢献することを期待している。

■関連記事
2013/09/10 サクソバンク社、8月は取引高減少も資産は増加
2013/08/29 サクソバンクの上半期財務報告書のポイント
2013/08/27 サクソバンクの2013年上期中間報告:純利益は前年同期比で2倍増

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.