KCG社、8月の取引高はわずかに減少

by Forex Magnates at 18 September, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 KCG社はFX取引プラットフォーム“KCG Hotspot“の8月の取引高を発表した。前月比で日次平均取引高は2.1%減少の280億ドルだったが前年比で34%増加し、総取引高は6,169億ドルとなった。6月の最高取引高からの減少は、競合相手のECNプラットフォーム社、トムソン・ロイター社、FXall社と同様だが、EBS社と比べればましだ。

 個々の通貨取引では、いくつかの興味深い点があげられる。全取引高におけるEUR/USDの取引は30.52%から26.90%へ低下する一方で、USD/JPY、GBP/USD、USD/CHFの市場シェアは増加した。USD/JPY の市場シェアは、8月は円が小動きだったにも関わらず12.94%から13.74%に増加した。

 8月の取引高の全体的な減少は、季節的な要因があげられ、同社の株式や債券の取引高にも同様の傾向が見られた。

 このニュース発表後も、KCGの株価(KCG:N)は8.45ドルと変化はない。Knight Capital社とGETCO社の合併により誕生したKCG社の株式は、それ以来下落しており、7月の高値から約25%低下している。同社株の低迷は、米規制当局が高頻度取引を制限する新たな規則を適用することで同社の取引高の減少やプラットフォームの監視費用の増加につながる可能性を、トレーダーが懸念材料視しているためだ。

Hotspot August Volumes

Hotspot August Volumes

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.