サクソバンク社、8月は取引高減少も資産は増加

by Forex Magnates at 10 September, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 サクソバンク社が8月の取引実績を発表した。同社の8月のADV(日次平均取引高)は106億ドルと、前月を10.9%下回った。この数字は、今年に入ってから同社が記録した実績の中で最も低く、1月のピーク時に比べると45%も減少している。取引数が減少した一方で、同社が発表した、継続的な取引を目的とした顧客の担保は71億4,000万ドルだった。この数字は前月比で4.3%増加しており、市場取引が停滞する局面にあっても、同社が顧客の預入金の基盤を拡大できることを示している。今回の月間実績は、同社が新しく設けた透明性の基準(日次取引高・月次取引高・顧客預かり残高の開示)に則って発表された初めてのケースである。

 平均的な顧客の規模に関して言えば、サクソバンク社は、最低預入額を高く設定したり、マルチアセット運用を提供したりすることで利益を上げている。こうした意味では、平均的な顧客の規模は5万~10万ドルと、同社の顧客基盤の大半は、典型的なリテールFXの顧客というより、むしろプライベートバンキングの顧客に似ている。同様に、Swissquote社は今年初旬、同社が提供するわずかなマルチアセット運用口座で、FX取引口座の平均的な規模に達する成果を上げている。

Saxo Bank Average Daily Volumes ($billions)

サクソバンク日次平均取引高(単位:10億ドル)

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

latestreport_here





コメントはまだありません.